HOEI BLOG

新着記事一覧

底のそこ?を知ってほしい!(パッケージ研究室)


HP Mail News 編集部
投稿者:
HP Mail News 編集部

豊榮印刷(ほうえいいんさつ)パッケージ研究室 助手の ウエキチです。
夏本番は目の前ですね、スイカのおいしい季節がやってきました! ウエキチ_6月

 

 

 

 

今回は、“紙箱の底”についてご紹介します。
紙箱の底がカッチリとロックされるものに “ ワンタッチ底 ” と “ 地獄底 ” の2種類があります。

①  “ ワンタッチ底 ”
その名の通り “ ワンタッチ ” で箱の状態に組み立てることが出来ます。
足の部分を事前に糊付けしているため強度が有り、
様々な大きさ・重さのものを入れることが出来ます。
また、必要な時に瞬時に組み立て出来ることが特徴です。

 

サック_6月改

“ ワンタッチ底 ”(外側)

サック_6月改2

“ワンタッチ底”(内側)

② “ 地獄底 ”
“ 地獄底 ” なんて恐ろしそうな名前ですが、由来を調べてみると
“ 地獄の底 ” に落ちたら抜け出せない、底から抜け出せない、
それくらい頑丈に出来ているという説にあたりました。

底には糊付けはされておらず、手組みで箱にでき、 底の四方を組み合わせて強度をだしています。
しかし、底の中心に力のかかる球形のものや、 重さに偏りのあるものには向いていない形状です。 底に糊付けされていない分、ワンタッチ底ほどの強度を必要としない場合に向いています。
また経済的なメリットがあります。
主に、ケーキが入っている箱に使われています。

サック_6月改3

“ 地獄底 ”(外側)

サック_6月改4

“ 地獄底 ”(内側)

どちらも平らな状態から “ 箱 ” に組み立てることができます。
用途によって最適な形状を使い分けることができますね。

次回は少し変わった箱をご紹介します。

 

これまでの記事はこちらから。
パッケージの形について
小さな小さなキャラメル式ケース
サックなのか?グルアーなのか?
ワンクリックで開ける楽しさ

ブログスタッフ

  • 池田 俊雄

    池田 俊雄
    いけだ としお    
    豊榮印刷株式会社
    専務取締役
    > Blogを見る

    1979.1.26 大阪生まれ。
    2002.9 ウィーン国立美術大学 修士。
    2003.3 豊榮印刷株式会社入社。
    創業1934年という長い歴史を背負いながらも、私たちの目指す道は「あたらしいホウエイ」です。

  • 池田俊紀

    池田 俊紀
    いけだ としのり    
    豊榮印刷株式会社
    常務取締役
    > Blogを見る

    1985.3.22 大阪生まれ。
    2010.3 豊榮印刷株式会社 入社。
    文部科学省認定「印刷専門士」。
    印刷専門士の専門知識と、いろんな実務経験が自分を育てる。印刷業を通して、大きな「輪」をつくりたい!

  • HP Mail News 編集部

    HP Mail News
    編集部
    豊榮印刷株式会社
    所属スタッフ
    > Blogを見る

    ネエさん(On-deオンデ統括マネージャー) 印刷屋のオンデマンドを全国にPR中。
    オンデマンド印刷を使ったサービスを中心に、デザイン、印刷、加工までをひとり一貫生産で発信中!

    マコちゃん(生産管理の女)圧倒的な生産品質を求めて日々奮闘中。生産全般の管理と運営。
    仕入先等の協力会社との関係も深く、日々新しいことを生産管理する女。

    ヤマモト(名もなき印刷士)マイスターへの夢を目指す、異業種からの刺客。印刷に魅せられ印刷士に。
    やるからには印刷士の中の印刷士になるという熱い男。現場で修行中。

    ウエキチ(パッケージ研究室 助手)革命的なカタチを求めて全国をロードバイクで駆け抜ける日々。脚力には自信あり!甘いもの好き!常に新しいカタチを求め、縦横無尽に動き回る!

  • 会社案内
  • 工場案内
  • ECサイト
  • HOEI BLOG
無料相談・資料請求
DIAL NUMBER:06-6371-2876
お問い合わせフォーム

このページ先頭へ